PCサイトをドラッグ&ドロップでスマホ対応!

  • ログイン
  • ユーザ登録

shutto変換ページをOptimizelyでABテストする方法

2016年7月21日 | 森下 奈緒

シェアする

shuttoをご利用中のみなさま、変換したスマートフォンページを放置したままにしていませんか?

実は、ちょっとしたカスタマイズを行うだけで
shuttoで変換したスマートフォンページに対し、Optimizelyを使ってABテストを行うことができるんです。

対応方法

下記コードを、Optimizelyの各実験パターンのJavaScript欄に記述してください。

サンプルコードはこちら↓↓↓


//shuttoの処理を待ってからOptimizelyテストパターンを実装する処理
ShuttoReady = function(fn) {
  if(_shutto_params.status == 'complete'){ //shutto処理完了ステータス
    fn();
  }else{
   __shutto.on('afterConvert', fn);
  }
};

//Optimizelyテスト用メイン処理
ShuttoReady(function() {
  //以下にshutto変換後に実行したいABテスト実験処理を記入する
  $("#hoge").html("shutto変換後にこの処理が書き換わる");
});

Optimizely編集画面のイメージはこちら↓↓↓

このように、shuttoのスマートフォン用レイアウト変換処理を待ってからOptimizelyのABテストを実行するように処理を行うことで、shutto変換ページに対してもOptimizelyを利用したABテストを実行することができるようになります。

▼ ご注意ください。
Optmizely編集画面上ではshutto変換後のスマートフォン用画面を表示させることができません。
そのため、GoogleChrome等のブラウザに付属の開発者ツールでshutto変換後のスマートフォン用ページを開いてから
console上でABテスト実験用JavaScriptコードを書き、Optimizelyの各実験パターンのJavaScript欄(上記サンプルコードでいうOptimizelyテスト用メイン処理箇所)に配置する必要があります。

Optimizelyのご紹介

イー・エージェンシーはOptimizelyの正規代理店です。Optimizelyを使ってお客様の収益を改善するコンサルティングや、インハウス化支援を得意としています。

ABテストを行うことで、より収益に貢献するページを構築していきませんか?

ABテストやOptimizelyにご興味のある方、こちらまでお問い合わせをお待ちしております。
イー・エージェンシーが運営するOptimizely 日本公式サポートサイトはこちら

e-Agencyが提供するサービス・プロダクト